幕末の開港都市 新潟・函館 メモリアル・ツインカレー [649]

2015-05-24 11:07




【同窓会】

昨日は小学校の同窓会。〇十年ぶりの再会の人も。

担任の先生にもご参加いただき、当時の思いがけないお話
をお聞きしたり、同級生から当時は気づかなかった苦悩に
ついて知らされたり。
話はつきず、4次会まで行って計14時間。

幹事としては大変でしたが、今後も続けようとと思います。 
 

 
 
【レトルトカレー】


『幕末の開港都市 新潟・函館 メモリアル・ツインカレー


昨年の新潟出張で入手したもの。
五島軒さんの商品なのでどこでも買えるかなあと思って
買ったのですが、その後見かけていません。やはりレト
ルトカレーは見つけたときに買うべし。

あいがけカレーは楽し。また築地に行きたい。

新潟はイタリア軒。明治7年の開港時にイタリア人青年
コック・ピエトロ・ミリオーレ氏が牛鍋屋を出し、新潟
の鹿鳴館と褒め称えられたとか。

函館は五島軒。初代の若山惣太郎氏と函館ハリス正協会
でパンとロシア料理を学んだ五島英吉が函館で出会い、
二人でレストランを創業。明治19年にフランス料理店に。

イタリア軒の方が少し色がうすい。
イタリア軒がポークで五島軒がビーフ。
両者とも肉が2~3切れ。並べてみると牛肉と豚肉は一目
でわかるほど違うものだなあと妙なことに関心。

両方とも五島軒さん製なので比較的似た味ですが、違う。
イタリア軒は甘口。濃縮牛乳が入っていて、まろやか。
ポークが柔らかくなるまでよく煮込まれていて、いい。
五島軒はマッシュルーム入りで、こくがあって中辛。

どちらもうまい!

 
  
<Data>
㈱五島軒   購入価格  648円  110g × 2        


にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村

拍手

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新コメント

[02/15 leo]
[02/13 ツムジロウ]
[02/06 leo]
[02/06 まう]
[12/08 leo]
[12/07 まう]
[08/24 leo]
[08/24 まう]
[08/16 leo]
[08/15 まう]

プロフィール

HN:
Leo
性別:
男性
職業:
遊び
趣味:
仕事、勉強
自己紹介:
二人の娘に教えてもらってブログ始めました。家族からは笑われてます。会社ではまだ言えません。食べもの(特にカレー、天丼・いくら丼)と犬(長男)が大好き。

ブログ内検索

カウンター

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村